忍者ブログ
AdminWriteComment
この世からnoheadという言葉をなくしたい
No.
2018/11/17 (Sat) 07:15:44

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.129
2011/05/13 (Fri) 13:15:19

レッシュに行ってからよくなったような気はするがなかなか数字に現れてこなかったし、まだ自分の中での正解を決めきれずにいた。

でもここ数日、”うんうんこの感じ”という感覚で投げることができてきた。

スペアも安定してきてここ数日はストライク率も徐々にもどりつつあります。

ずっと4の字続きだったのですが、今週はようやく脱した感じです。

気を付けていること

1.アドレスの時のセットの姿勢、B1な私は股関節から踵を意識して立ちます
2.右手のパワーラインに沿ったグリップ
3.ボールを追い越す感じで早めに歩く
4.タメる、バックの頂点でボールの重さを感じないぐらいのタイミング。この時肩のラインが開き過ぎないようにする
5.サムダウンした左手を右手と入れ替えるように後ろへ振る。これが右足から左足への軸移動へつながるがあまりわざとらしくない程度に(笑)
6.全体を通してとにかく余分な力は入れない、腕で振るより体で引っ張るぐらいの感覚。
7.スパッとから目を離さない、リリースの時点までスパットを見ていればスパットはすごく近くに感じられるはず。ファールライン直前にたってスパットを見てみるとよくわかる。

レッシュでの指導と、岩切プロの指導とをあわせて私なりの解釈です。まあ私の真似しようなんて人はいないと思いますが、タイプが違ったら全然違いますから流してください。

で、ようやく出ました久しぶりのプラス、ぴょもプラスを打っています。揃ってプラスを打つのは珍しいので写真付きです(笑)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
忍者ブログ [PR]